【実録2021年版】1年間でLINE絵文字の売上はどのくらい?

スポンサーリンク
お金持ちになりよろこぶうさぎLINE絵文字作成
こまる
こまる

LINE絵文字って実際どのくらい売れてるのかな。

副業として成立するかしら?

ふくち
ふくち

実際に1年間LINE絵文字の制作・販売をしてきた私が解説するよ!

LINE絵文字を販売してみたいけど、どの程度の収入になるのか気になっている人は多いのではないでしょうか。

そんな疑問にお答えをすべく、イラストど素人のわたしが初めて絵文字制作に取り組んでから約1年間の実際の売り上げ(収入)を公開いたします!

≪ふくちについて≫

  • アラフォー旅行会社勤務
  • LINEスタンプ・絵文字・着せ替えクリエイター歴1年
  • リリース作品は150件以上(季節ものなど販売停止中含む)

   LINEスタンプ・絵文字ショップはこちら

運営者ふくちの自画像
運営者のふくち

わたしが継続的にLINE絵文字を制作・販売していたのは2021年11月〜2022年11月までです。

その後は一旦新作のリリースはストップし、ブログの制作に傾注しています。

\新規リリース終了後の収入についてはこちら/

\LINE絵文字制作に向いている人を知りたい方はこちら/

スポンサーリンク

1年間の総売り上げ

収入をイメージしたイラスト

LINE絵文字を制作・販売して1年間で実際に得られた収入は、、

約26000円

どうでしょう?たったのこれだけ…とがっかりされましたか?
ちなみに一番多い月でも1か月あたりの収入は5000円程度でした。

これをどう捉えるかはあなた次第ですが、リアルな数値です。

毎日手を動かして取り組んだ結果としては、時給換算すると涙が出るほど安いですが、経験値や自分の作品の市場価値を知れたと言う点では大変良い経験になりました。

そして、実はこの絵文字たち、一旦新規で制作・販売をストップした現在でも月1000円以上勝手に収入を出してくれています。

ふくち
ふくち

LINE絵文字は不労性の収入になるのが良いところ!

では具体的にどんなレベル感でいくつ絵文字を制作・販売してこの売り上げだったのかをお話ししていきますね。

ライン絵文字クリエイター「ふくち」

わたし自身についてもLINE絵文字販売に関連する部分を中心に整理しておきますね。

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い副業の検討を本格化。その一環としてLINE絵文字の制作販売を2020年11月からスタートし、2021年11月まで約1年間コンスタントに新しい絵文字を販売してきました。

制作・販売した絵文字は約150作品にわたります

イラストは好きですが、素人レベル。

制作に利用しているのはスマホアプリ「Ibis Paint X(アイビスペイントエックス)」です。

ふくち
ふくち

ちなみにこのアイコンは自分で描いているよ!

\Ibis Paint Xの使い方はこちら/

LINE絵文字1つあたりの収入はどのくらい?

売り上げを想像する女性のイラスト

LINE絵文字の収入の仕組みをお教えします。

一般的なLINE絵文字の価格は120円です。

前提としてLINE絵文字の購入経路には、LINEアプリのホームページから利用できる「スタンプショップ」とウェブブラウザからアクセスできる「 LINE STORE」があります。

スタンプショップから購入された場合は1つにつき31円、LINE STORE経由の場合は1つにつき42円が制作者の収入となります。

そう考えると、26,000円の収入を得るまでにはざっくり合計で700〜800個程度販売したことになります。

月毎に売り上げが集計され、その合計額が1000円以上になると、源泉徴収後に銀行振り込み(手数料あり)またはLINE Pay(手数料無料)へ送金をしてくれる仕組みです。

例えば4月に販売をスタートし、4月に800円、5月900円の売り上げがあった場合の送金額

  • 売り上げ確定 6月の10日~20日頃(月によって日付は前後する場合あり)
  • 売上金合計 800円+900円 =1700円 1000円以上なので、送金可能!
  • 源泉徴収額 1700円×10.21% =173円
          ※日本に居住かつ支払いが100万円以下の場合の源泉徴収額の計算式
  • 送金額   1700円(売り上げ)ー173円(源泉徴収額)=1527円

銀行振り込みの場合は上記より550円の手数料を引いた額が、LINE Payの場合は上記の金額そのままが手元に残る計算です。(少額の場合はLINE Payがオススメです!

送金の申請から実際に送金されるまでには時間がかかりますので注意しましょう。※最大90日

LINE絵文字の初月の売り上げ

収入をイメージしたイラスト

LINE絵文字の販売を始めた2020年11月の売り上げは約600円


11月の終わり頃から販売を始めたのでそもそも日数が短かったというのもありますが、少なくとも2時間程度はかけて作成から販売までのプロセスを辿っても、たったひとつしか売れてないものもあります😢

なかなか、からい結果に映っているのではないでしょうか?

2020年11月の売上

それでも、自分の作った作品が売れた経験は何物にも代えがたい喜びがありました!

山ほどある、しかもプロイラストレーターさんの作品もある中から自分の作品を選んでくれた。

それだけで胸がいっぱい・・・

メルカリ副業などはしていましたが、自分が作った商品を販売した初めての経験は大きな自信となりました!

本当、だったら1ヶ月で心折れてしまいそうな収入でしたが、このおかげで1年間続けられたように思います。

1年間で最も売れたLINE絵文字

1位のワッペンのイラスト

販売をスタートしてから本日までの売上高を、アイテム毎に合計してみました。

下記はほんの一部ですが、全部あわせると150個ほど。

作るのも頑張ったし、売り上げの計算もがんばりました~💦

引用元:LINE STORE

その中で最も売れた絵文字はこちら「小学生のあれこれ1」

正直、本当に予想外でした😓何が売れるかわかりませんね。そこがまた面白いのですが。

引用元:LINE STORE

上記絵文字の1年間の合計は…1296円でした!ざっくり計算すると30個~38個程度の売上ですね。

小学校関連の絵文字のためか、3~5月頃に売れる傾向にありました。

小学校に入学したてのお子さんのパパママがメインで購入してくださったのではないかなと勝手に予想しています。(ありがたや~)

そのほか比較的好調だったのは「大人の気遣いシリーズ」と上記と同じく学校系の絵文字「ゆるかわ学校絵文字1」でした。

*ミニスタンプ*大人の気遣い  商品ページはこちら
ゆるかわ学校絵文字1 商品ページはこちら


*ミニスタンプ*大人の気遣いは敬語のシリーズで、広く使えることからかリリース当初は一気に売れました。

ゆるかわ学校絵文字は初期に作成した絵文字なのでよく言えばかなり味があります(笑)

学校系の絵文字が売れたのは、需要はある割に比較的競合が少ないからではないかと思います。

絵文字のタイトルに数字がついているものが多いですが、これにも理由があります。
下記の記事を参考にしてみてください♪
売れるLINE絵文字のタイトルと説明文の決め方

まとめ:1年間でLINE絵文字の収入

お札の上に女性が座っているイラスト

本日は1年間のLINE絵文字の総売り上げについてお話しました。

本日のポイント
  • 120円のLINE絵文字は1つ購入されると31円~42円の売り上げが上がる。
  • 会社員兼主婦の私が1年間で得た総収入は約26000円(販売した絵文字は約150種)
  • 最も売れた月は1か月で5000円程度の収入
  • 収入源としては保証が出来ないが、自分の作品の市場価値がわかるという点ではオススメ

数打てば当たる戦法では、大きな収入を得ることは難しいことを実感しました。

ただ、LINE絵文字はストック型の収入になるのが良いところ!

完全に新規絵文字のリリースをストップしている今でも毎月収入は発生しています。

\新規リリース終了後の収入についてはこちら/

うまく当たれば、宝くじよりは高い確率で億万長者になれます!

\LINEスタンプ・絵文字市場の可能性についてはこちら/

また、自分のサイトを作ればそこで絵文字のPRをすることも可能です。

ふくち
ふくち

LINE絵文字制作にトライする場合はこちらの記事参考にしてみてくださいね!

記事がよかったらクリックで応援お願いします
記事がよかったらクリックで応援お願いします
タイトルとURLをコピーしました