【販売機会を増やす!】LINEスタンプ・絵文字のタイトルと説明文の決め方

スポンサーリンク
LINEスタンプ・絵文字タイトルきめのコツLINE絵文字作成
わかるちゃん
わかるちゃん

LINEスタンプや絵文字のタイトル・説明文はフィーリングで適当に決めてるよ~!イラストが良ければ関係ないよね~!

これは非常にもったいないです!

タイトルはLINEスタンプや絵文字の販売における重要な要素です。

なぜなら

タイトルや説明文の内容で人目に触れる機会が変わるから

です。

LINEスタンプ・絵文字制作歴1年で約150作品をリリースした私が経験をもとに

  • LINEスタンプ・絵文字のタイトルと説明文がもたらす効果
  • 具体的なタイトルと説明文の決め方のテクニック

をお教えします。

ふくち
ふくち

タイトルや説明文の書き方でお悩みの方や、スタンプや絵文字が全く売れずに困っている方におすすめの内容です!

スポンサーリンク

LINEスタンプ・絵文字のタイトルと説明文とは?

疑問を抱える女性のイラスト

LINEスタンプと絵文字のタイトル・説明文とは?

以下はLINE STOREの画面です。LINE絵文字を例にとって説明しますが、スタンプも同様です。

ピンクで囲った部分→絵文字のタイトル

黄色で囲った部分→絵文字の説明文

LINEスタンプや絵文字のタイトルは新着画面など一覧画面で目にに触れる部分です。

一方、説明文は商品の詳細画面まで行かないと見えません。

ふくち
ふくち

ですが説明文も非常に重要です!その理由はこの後解説しますね。

タイトルや説明文が売り上げに関係する理由

理由

どうしてタイトルや説明文が売り上げに影響を与えるのか。

ふくち
ふくち

それは、タイトルや説明文の内容で販売機会が大きく変わってくるからです !

冒頭お伝えした通りですね。

イラストの質も当然大事ですが、それだけでは作品が見てもらえるチャンスが巡ってこない可能性があります。

なぜならLINEスタンプや絵文字の市場は参入者が非常に多いためです。

\LINEスタンプ・絵文字を取り巻く環境についてはこちら/

タイトルや説明文の付け方を工夫すると「人目に触れる機会」を増やすことができます。

無名のクリエイターがスタンプや絵文字を買ってもらうためには、まずはなるべく多くの人に見てもらう必要があります。

見てもらわなければ残念ながら売れません😢

こまるちゃん
こまるちゃん

なんでタイトルや説明文で見てもらう機会が増えるの?

理由は以下の3つです。

  1. タイトルが新着絵文字に並んでいる際の「アイキャッチ」になる
  2. タイトルや説明文により検索でヒットする可能性がある
  3. 気に入った絵文字はシリーズで揃えたいという心理に訴えられる

それぞれの理由についてお話ししながら、具体的にどのようなタイトルや説明文を付けるべきかお教えします!

理由1:スタンプや絵文字のタイトルが「アイキャッチ」になる

アイキャッチとは、目を引くものです。

次の2つで人々の目に留まりやすいのはどちらでしょうか。(絵文字の内容は同じとする)

 タイトル:♡毎日使える♡〇〇ちゃんの絵文字

 タイトル:〇〇ちゃんの絵文字

あからさまな例ですが、上の例の方が目にとめてもらえる可能性は高くなります。

LINEスタンプや絵文字は「LINEスタンプショップ」または「LINE STORE」で購入されます。

特に絵文字に関しては、イラスト部分の表示がかなり小さくタイトルの主張が強くなります。

この特性を活かしてタイトルで目を引くためには

  • タイトルに記号など目立つものを入れる
  • タイトルに「毎日つかえる」などわかりやすいフレーズを入れる

LINEスタンプ・絵文字をリリース(販売開始)した直後は、LINE STOREやスタンプショップで「新着スタンプ」「新着絵文字」に表示されます。

LINEスタンプや絵文字が好きな方はここの新着欄を見に来てくれる頻度が高いです。

他に埋もれにくいように、目を引きやすいタイトルがオススメです。

ただ、あまり長文や漢字の多いタイトルは見づらくなるので控えましょう。

長くても15文字程度を目安にしてみてください。

理由2:タイトルや説明文の語句で検索ヒットする可能性がある

検索エンジンで検索をしている男性のイラスト

「こんなスタンプや絵文字が欲しい!」というときにキーワード検索を利用しますね。

この時、検索に引っかかるのがタイトルや説明文に入っている言葉です

例えば「ハート」というキーワードで検索をかけた場合、タイトルや説明文にハートの入った作品が一覧で表示されます。

検索によるヒットを増やすためには下記を意識しましょう。

  • タイトルや説明文にキーワードを入れる
  • スタンプや絵文字に含まれている細かなキーワードも説明文に含める
  • 人気のありそうなキーワードのイラストをスタンプや絵文字に含める
ふくち
ふくち

実際の例で説明しますね!


小学生のお子さんがいる方をターゲットに制作した絵文字です。

先ほどのポイントに当てはめて見てみましょう。

  • タイトルや説明文にキーワードを入れる
    →タイトル及び説明文に「学校」を入れている
  • スタンプや絵文字に含まれている細かなキーワードも説明文に含める
    →ランドセルや上履きなど一部のイラストの名前もキーワードとして説明文に入れている
  • 人気のありそうなキーワードのイラストをスタンプや絵文字に含める
    →ランドセルなどあえて人気がありそうなイラストを含め、それをキーワードにも含める
こまるちゃん
こまるちゃん

具体的にどんなキーワードを入れればいいの?

LINE Creators Marketに登録をしていると公式アカウントから人気の検索ワードが送られてくるので参考にしてみましょう!

とは言え、人気の検索ワードは使用するクリエイターも多く競争率も高いです。

競合が多いと検索後1、2ページ目など早いタイミングで画面に出てくる可能性が低いので、少し変わったところを狙ってみると良いと思います。

例えばあまりメジャーでない動物などおすすめです!(アリクイとか・・・?)


※説明文のキーワードの内容が絵文字の内容と合致しないと判断された場合はリジェクトの理由にもなりますので、必ず絵文字の内容とあったもので設定をお願いします。

リジェクトについては下記の記事をご参考に!

理由3:気に入った作品をシリーズで揃えたい心理に訴えられる

シリーズ

もう一点、タイトルに番号を付けるのも効果的です。

特に売れ筋のスタンプや絵文字が出てきた場合には有効は方法です。

やり方は非常にシンプル

  • 同じようなテーマのスタンプや絵文字がある場合にタイトルに番号をつける

これは「気に入ったスタンプや絵文字に他のバージョンがあれば買いたい!」という心理に訴えるためです。

例えば、〇〇ちゃんの絵文字2を新着画面から購入してくれた場合、「2があるなら1もあるのかな?探してみよう!」

という気持ちになりやすいためです。

これをやることで同じシリーズの絵文字が同時に売れやすくなりますよ。

まとめ:販売機会を増やす!LINEスタンプ・絵文字のタイトルと説明文

本日はLINEスタンプや絵文字の販売機会を増やすためのタイトル・説明文の決め方をお話ししました。

もう一度内容をおさらいします。

販売機会を増やすLINEスタンプ・絵文字のタイトル・説明文の決め方

・タイトルに記号をつける
・タイトルに検索で引っかかりそうなワードを入れる(15文字まで)
・説明文に検索で引っかかりそうなワードを入れる(イラストの内容と一致させる!)
・人気の商品はシリーズ展開。タイトルに数字を入れる(No1、ver1など)

タイトルと説明文を工夫することで販売機会を増やすことができますよ♪

せっかく作成したLINEスタンプや絵文字を多くの人に見てもらえるよう実践してみてくださいね。

えびの天ぷらイラスト
えび天ちゃん

記事がよかったらクリックで応援お願いします
タイトルとURLをコピーしました