【まとめ】WindowsとMacのキーボードの違い 

ウェブデザイナーへの道

こんにちは。ふくちです。

本日はWindowsとMacのキーボード・タッチパッド操作の主な違いについて解説します。

WindowsとMacは色々と異なる点があります。

中でも、買い替えるとまず最初に苦労するのが「キーボード操作」

買い替え当初はWindowsで当たり前にしていた操作が効かず、「ムキー!!!」となったこともしばしば。

そこで、本記事では知っておくとストレス軽減&作業効率UPのキーの対応表を作成しました。

MacについてはMacbook Proのキーボードを想定して解説いたしますが、他の商品でも大きくは変わりません。

買い替えをご検討中・または買い替えをしたばかりの方のお役に立つかとおもいます!

ふくち
ふくち

ぜひブックマークなどしてご利用くださいね

Windows・Macのキー名称と役割

最初にWindowsとMac(Macbook Pro)のキーボードのうち、機能や名称の異なるキーを中心にご紹介します。

この後のキーの対応表もあわせて見ていただくと、理解が深まると思います!

写真はノートPCのものですので、デスクトップとの違いや製品による表示の違いもあるかと思いますがご了承ください。

Windowsのキー名称と役割

Windowsのキーボード
  1. 半角/全角キー
    入力モードの切り替え「直接入力」と「ひらがな」
  2. ファンクションキー(単独)
    F+数字で構成されたキー。各キーに役割が割り当てられている。具体的な操作は後ほど解説。
  3. Delete(デリート)キー ※Macにはこのがない!
    カーソルの右側の一文字または選択した範囲の文字を削除
  4. Backspase(バックスペース)キー
    カーソルの左側の一文字または選択した範囲の文字を削除
  5. CapsLock(キャプスロック)キー
    アルファベッドの大文字・小文字の切り替え
  6. ファンクションキー(組み合わせ)
    他のキーとの組み合わせで利用。
  7. Ctrl(コントロール)キー ※13も同様
    他のキーとの組み合わせで利用。具体的な操作は後ほど解説。
  8. Windows(ウインドウズ)キー
    スタートメニューを表示
  9. Alt(オルト)キー
    他のキーとの組み合わせで利用。具体的な操作は後ほど解説。
  10. 無変換キー
    日本語入力が有効なときに全角または半角のカタカナや数字に変換。
  11. 変換キー
    日本語入力が有効なときに入力した文字を変換する。(スペースキーと同様の役割)
  12. かなキー
    ひらがな・カタカナ・ローマ字の切り替え
  13. アプリケーションキー
    マウスの右クリックで開くメニューが表示される
  14.  6と同様(Ctrlキー)
  15. タッチパネル(PCにより名称が異なる場合あり)
    カーソルの移動、クリックなどマウスと同様の機能。

MacbookProのキー名称と役割

ふくち
ふくち

記号で表示されている箇所が多いから最初は戸惑いました

わかるちゃん
わかるちゃん

特によく使うcommand(コマンド)キーは「⌘」と表示されているから覚えておこうね!

  1. TouchBar(タッチバー)
    MacBook Pro(マックブックプロ)についている機能です。
    F1などのファンクションキーの役割や、その他の設定など、機能は多岐にわたります。
    詳細は公式ページを確認
  2. Delete(デリート)キー
    カーソルの左側の一文字または選択した範囲の文字を削除
    WindowsでいうBackSpaceキーに相当
  3. Control(コントロール)キー
    他のキーとの組み合わせで利用。
  4. Shift(シフト)キー
    他のキーとの組み合わせで利用。(5も同様)
  5. Shift(シフト)キー
  6. Capslock(キャプスロック)キー
    英字大文字の入力に切り替える。
  7. option(オプション)キー
    他のキーとの組み合わせで利用。詳細は後ほど解説。
  8. command(コマンド)キー
    他のキーとの組み合わせで利用。詳細は後ほど解説。
  9. 英数キー
    半角英数入力へ変更
  10. かなキー
    かな入力へ変更
  11. command(コマンド)キー
    8と同様
  12. ファンクションキー
    他のキーとの組み合わせで利用。
ふくち
ふくち

次のWindowsとMacのキーの対応表で確認してもらうとわかりやすいと思います!

基本のキーと操作対応表

WindowsとMacで異なる部分を中心に、対応表を作成しました。

ショートカットキーについては次で紹介しますね!

操作内容WindowsMac
カーソル前の1文字を削除BackspaceDelete
カーソル後ろの1文字を削除Deleteなし
ショートカットで可
半角英数・全角カナ入力切り替え半角・全角半角英数→英数
全角かな→かな
他のキーと組み合わせてコピーや貼り付けを行うctrlcommand
他のキーと組み合わせたショートカットの操作に使用Altoption
他のキーと組み合わせたショートカットの操作に使用なしcontrol
他のキーと組み合わせたショートカットの操作に使用Windowsなし

WindowsのCtrl(コントロール)キーがMacだとcommand(コマンド)キーに相当するということがわかれば、多くの操作ができるようになります!

ショートカットキーの対応表

操作WindowsMac
全て選択Ctrl+Acommand+A
選択範囲のコピーCtrl+Ccommand+C
選択範囲の切り取りCtrl+Xcommand+X
コピーの貼り付け
(書式はコピー元に合わせる)
Ctrl+Vcommand+V
コピーの貼り付け(書式なし)Ctrl+Shift+Vcommand+Shift+option+V
削除(カーソルの後ろを削除)DeleteFn+D または
control+D
※MacのDeleteキーはWindowsのBackSpace(カーソルの前を削除)の役割
1つ前の操作に戻すCtrl+Zcommand+Z
ファイルやフォルダの検索F3command+F
画面の更新F5command+R
編集中のファイルを名前をつけて保存F12Shift+command+S
編集中のファイルを上書き保存Ctrl+Scommand+S
スクリーンショット(全画面)PrintscreenShift+command+3
スクリーンショット(選択範囲)Shift+Ctrl+SShift+command+4
デスクトップの表示Windows+D
アプリの切り替えAlt+Tabcommand+tab

キーパッドの使い方

最後にキーパッドの注意点をお教えします。

キーパッドといえばノートPCのキーボードのスペースキーの下あたりにある長方形の部分です。

いわゆるマウスと同じような、カーソルの移動やクリックの役割を担っています。

このキーパッド、Macは「左右の別」がないのです。

Windowsの場合はキーパッドの左側をクリックすれば「左クリック」と同じ、右側をクリックすれば「右クリック」と同じ反応があります。

ですがMacのノートPCの場合はどこをクリックしても「左クリック」と同じ結果しか得られません💦

Macの場合は二本指でクリックすれば「右クリック」と同じ操作となります。

マウスを利用している方にはほとんど関係ないですが、覚えておいて損はありません!

ショートカットキーの割り当てを変更する

そうは言ってもどうしても使いづらい場合もあると思います。

そんな時は自分好みにショートカットキーの設定を変更してしまうのが一番!

それぞれの変更方法は下記をご覧ください。

Windows10の割り当て変更方法

》Macの割り当て変更方法

いかがでしたでしょうか?

せっかく楽しみに買い替えたのにストレスばかりではもったいないので、違いをマスターして作業効率をアップさせましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事がよかったらクリックで応援お願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました