イラストを描くならiPadとiPadAirのどちらが良い?ーわたしがiPad Airを選んだ理由

スポンサーリンク
現役イラストレーターが解説!イラストを描くなら無印iPad・iPad Airどちらを買うべき?イラスト系副業
こまるちゃん
こまるちゃん

イラストを描くのにiPadを買おうと思うんだけど、iPadとiPad Airで悩んでるの。

ふくち
ふくち

予算とスペックの兼ね合いって難しいよね!今日はiPadとiPad Airの相違点に着目してわたしがiPad Air第4世代を選んだ理由をお話しするよ!

イラスト用にiPadを購入しよう!

と思っても色々な機種があってどれを買えば良いか迷いますよね。

スペック的には「iPad Pro」が間違いないと思っても金額が高い

「iPad mini」は小さすぎて描きづらそう。

ふくち
ふくち

同じような思考で無印iPad」と「iPad Air」の2つに絞り込んだ方は多いのではないでしょうか。

「iPad〇〇世代」というものを便宜上「無印iPad」と呼んでいます。

結論として、イラストを描くならできれば「iPad Air」がおすすめですが、金額・必要なスペックと相談して決めるのが良いですね。

わたしは最終的に「iPad Air第4世代」を購入しました。

そこで本日は

  • 無印iPadとiPad Airの比較・相違点
  • 無印iPadとiPad Airの中でイラストに最も適している機種
  • わたしがiPad Air第4世代を選んだ理由

をお話しします。

元々スマートフォン+指でイラストを描いていましたが、iPadを購入してから作業効率も段違いに上がりました!

あなたのお気に入りの一台が選べる手助けになればうれしいです♪

ふくちのイラスト工房
スポンサーリンク

無印iPadとiPad Airの違いを6つのポイントで比較

iPadとiPad Airを6つのポイントで比較
ふくち
ふくち

無印iPadとiPadAirの違いを以下6つのポイントでお話ししていきます!

  • 価格 ★
  • サイズ・重量
  • ディスプレイ ★
  • 搭載チップ
  • 対応のApple Pencil ★
  • 充電方法

★印はわたしが購入の決め手にした項目です

価格

価格・料金

価格面では第9世代が49,800円〜購入できる無印iPadの圧勝!

ストレージ64GB、wi-fiモデルでの比較です。

ふくち
ふくち

256GBの場合は下記+24,000円
cellularというwi-fi環境下以外でも通信ができる機能を付加するとさらに+24,000円です。

無印iPad 第9世代無印iPad 第10世代iPad Air 第5世代
49,800円〜68,800円〜92,800円〜
¥49,800 (2023/04/24 11:40時点 | Amazon調べ)
¥92,800 (2023/04/24 11:42時点 | Amazon調べ)

今は新品での購入はできませんが、iPad Airの第4世代を「認定整備済製品」というApple公式のリサイクル品で購入すると69,800円〜購入することができます。

無印iPadも認定整備済製品で安く購入できる場合があります。詳細は以下の記事参照

ふくち
ふくち

この次からは認定整備済製品として購入可能なiPad Air第4世代(運営者ふくちの利用しているタイプ)も比較の対象にしていきますね♪

サイズ・重量

サイズ・重量(定規とはかりのイラスト)

サイズ・重量にはほとんど差がありません

サイズ・重量の観点ではどれを選んでも後悔することはないはず。

いずれも気軽に持ち歩けるサイズ・重さです!

ふくち
ふくち

ハンドバッグだとはみ出してしまう場合がありますが、普段使いのバッグでも問題なく入るサイズです。

無印iPad 第9世代無印iPad 第10世代iPad Air 第4世代iPad Air 第5世代
画面のインチ数10.2インチ10.9インチ10.9インチ10.9インチ
本体サイズ
(縦×横×厚さmm)
250.6×174.1×7.5(mm)248.6×179.5×7(mm)247.6×178.5×6.1(mm)247.6×178.5×6.1(mm)
重量(Wi-Fiモデル グラム)487グラム477グラム458グラム
461グラム
重量(Wi-Fi+cellularモデル グラム)498グラム481グラム不明
462グラム

ディスプレイ

ディスプレイ
無印iPad 第9世代無印iPad 第10世代iPad Air 第4世代iPad Air 第5世代
ディスプレイ名称
RetinaディスプレイLiquid RetinaディスプレイLiquid RetinaディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
解像度2,160 x 1,620ピクセル解像度、264ppi2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi
2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi
その他の特徴フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ふくち
ふくち

注目すべきはその他の特徴にかいた「フルラミネーションディスプレイです!

これは無印iPadにはないもの。

ディスプレイの表面(タッチ部分)と液晶部分を圧着させて隔たりをなくす技術です。

つまり、タッチペンのペン先と描画されるイラストの間に視差が生じないということです。

iPad Air4にApple Pencil第二世代で描画をしている様子(視差の参考資料)
描画の様子

この画像は実際にわたしが下記の条件で描画をしているところを写真に収めたものです。

  • iPad Air第4世代の画面
  • Apple Pencil第2世代
  • Adobefresco(アドビフレスコ)

本の0.0何ミリの視差はありますが、ほぼペン先と描画がふれているような状態です。

紙に書いている感覚と差はありません。

\より紙に近い感覚を得るために!/

逆に無印iPadではペン先と描画されるイラストの間にガラス1枚分くらいの隔たりを感じるそうです。(店頭で簡単なイラストソフトを使用した際には正直あまり感じませんでしたが、細かい線などを描くときには効いてきそうですね)

iPad〇〇世代という名称のiPadを便宜上「無印iPad」と呼んでいます。

ふくち
ふくち

無印良品さんのiPadじゃないよww

ディスプレイの名称に「Retina」と「Liquid Retina」にははっきりと言及されている違いはないようです。単に後発のディスプレイにはLiquidとついていることが多いとのこと。

解像度はやや無印iPadの第9世代がおとりますが、大きな差ではないのでそこまで気にならないと思います。

搭載チップ

搭載チップ

搭載チップは処理能力、つまり動作が重くならずにサクサクイラストが描けるかに影響します。

Apple社の最新のチップは独自開発した「Apple M2チップ」と呼ばれるもので、最新のMacBookやiMac mini、iPad Proなどに搭載されています。

それを1つダウングレードしたものがiPad Airに使用されている「Apple M1チップ」のイメージ。

処理能力としては Bionicチップ < Apple M1チップ です。

無印iPad 第9世代無印iPad 第10世代iPad Air 第4世代iPad Air 第5世代
A13 BionicチップA14 BionicチップA14 BionicチップApple M1チップ
ふくち
ふくち

特にAdobeのIllustratorを利用する予定ならiPad Air第5世代の方がおすすめ!わたしの利用しているiPad Air第4世代はBionicチップです。基本はAdobeフレスコというソフトを利用しており全く問題ないのですが、時々Illustratorを使用した際に描画数が多いと動作がノロノロに…

対応のApple Pencil

対応のApple Pencil

無印iPadはApple pencilの第1世代、iPad AirはApple pencilの第2世代に対応しています。

表にするまでもないですが…

無印iPad 第9世代無印iPad 第10世代iPad Air 第4世代iPad Air 第5世代
Apple Pencil
(第1世代)
Apple Pencil
(第1世代)
Apple Pencil
(第2世代)
Apple Pencil
(第2世代)

第1世代のApple Pencilは充電も、本体との接続もコード式とで手間がかかる上外出時にコードを忘れると悲惨なので、この点では断然iPad Airをおすすめします!

iPad Air4でApple Pencilを充電している様子

iPad Airは、この写真のように本体にマグネット式でくっつけるだけで充電ができるので本当に便利です!

ふくち
ふくち

本体の充電は割と目につきやすいですが、Apple Pencilの充電の減りには意外と気づかないものです💦フル充電にしておらず外出先で切れた時に、アダプターがなくて充電できない!ということも防げます。

充電方法

充電方法

本体の充電方法は全てType-Cですが、前述の通りApple Pencilの充電方法が異なります。

無印iPad 第9世代無印iPad 第10世代iPad Air 第4世代iPad Air 第5世代
本体の充電USB-CUSB-CUSB-CUSB-C
Apple Pencilの充電LightningコネクタUSB-C -Apple Pencilアダプタマグネット式マグネット式

うっかりがない方ならApple Pencil第1世代でもそこまで不便を感じないと思いますが、わたしのような忘れ物・無くし物常習犯には断然第2世代の利用できるiPad Airが絶対おすすめです!

【番外編】店頭で試した結果

店頭で試し描きができるので試してみるべき!

という記載をどなたかのブログで拝見したのでビックカメラさんに足を運びました。

ふくち
ふくち

アップル製品を扱っていない家電量販店もあるので事前確認をおすすめします!

店頭でお試しできるのはiPadに元からインストールされているソフトのみなので、自分が実際に使用を予定していた「Procreate」「AdobeFresco」「CLIP STUDIO」などの使用感はわからず。

じゃあこの文章いらんやんって話ですが。

正直なところ簡単なイラストを描いている分には、無印のiPadもiPadAirもあまり差異を感じませんでした。

わたしにとってはこの試し書きは機種を選ぶ上での決め手にはなりませんでしたが、「自分で確かめた」という納得感を得るのには有効だったように思います。

結論:各項目のベスト1 ーイラストに最適のiPadとはー

最もイラストに適した機種はどれ?

これまで比較してきた6項目で最も優れていた機種をまとめました。

比較項目結果
価格無印iPad 第9世代
サイズ・重量引き分け(強いて言えばiPad Air 第4世代)
ディスプレイフルラミネーションディスプレイ搭載のiPad Air第4世代&第5世代
搭載チップM1チップ搭載のiPad Air 第5世代
対応のApple PencilApple Pencil第2世代対応のiPad Air 第4世代&第5世代
充電方法Apple Pencil第2世代がワイヤレス充電できるiPad Air 第4世代&第5世代

結果

「ディスプレイ」「搭載チップ」「対応のApple Pencil」「充電方法」で堂々の一位を獲得したiPad Air第5世代がベスト。次にiPad Air第4世代である。

という結論に達しました。

iPad Airの方が値段が高いのも理にかなっていますね。

まとめ:イラストを描くならiPadとiPadAirのどちらが良い?

まとめ

結論は上記でお伝えしたとおり

販売中の「無印iPad」と「iPad Air」の中で最もイラストに適した機種は「iPad Air第5世代」です。

こまるちゃん
こまるちゃん

それはよくわかったけど、やっぱりちょっと92,800円は高いなぁ。Apple Pencilも2万円くらいするみたいだし。

ふくち
ふくち

そんな時にぜひ検討してもらいたいのが「iPad Air第4世代」を「認定整備済製品」で購入するという選択肢だよ♪わたしは値段を抑えるためにこの選択肢を取りました。

第4世代は第5世代と比較するとチップの性能(=処理能力)は少々劣るものの、それ以外の性能には大きな差がありません。

AdobeのIllustrator・Photoshopなどのソフトや、CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)などの比較的動作が重くなりやすいソフトを使用しないのであれば十分満足できる使い心地です。

金額も抑えられるのでおすすめです!

\Appleの公式認定整備済製品でiPad Air4を購入した実話/

ふくち
ふくち

もちろん、比較項目を見てもらった上で無印iPadでもカバーできそうであればより金額も抑えられるので良いと思います♪

納得いくお買い物をしてくださいね♪

\Apple公式ストアで商品を買うなら絶対に知っておきたい!/

¥49,800 (2023/04/24 11:40時点 | Amazon調べ)
¥92,800 (2023/04/24 11:42時点 | Amazon調べ)
Apple(アップル)
¥14,880 (2023/04/24 12:01時点 | Amazon調べ)
Apple(アップル)
¥19,077 (2023/04/24 12:02時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました