イラレとフォトショの違い・向いている仕事は?安く利用する方法も | まるっとふくち
PR

イラレとフォトショの違いをサクッと解説!最も安く利用する方法も

Photoshop(フォトショ)とIllustrator(イラレ)の違いは何?Adobeソフト

この記事のリンクにはプロモーション(広告)が含まれています。感想・レビューなどは誇張せずに正直に書いております。

Adobe社のソフト「Illustrator(通称イラレ)」と「Photoshop(通称フォトショ)

デザインに興味を持つとまず行き当たるのがこの2つですが、

こまるちゃん
こまるちゃん
  • イラレとフォトショって何が違うの?
  • 自分がやりたいデザインにはどちらを使うべきなの?

と言う疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

結論…

「イラレ」と「フォトショ」は全く性質の異なるソフトで、デザインの仕事にはできれば両方あったほうがよい(幅が広がる)

こまるちゃん
こまるちゃん

それはそうだろうけど、いっぺんにやるのは大変そうだしお金もかかるよ💦

そこで本日はこんなお話をしていきます。

  • Adobe Photoshopってどんなソフトで何に使えるの?
  • Adobe Illustratorってどんなソフトで何に使えるの?
  • イラレとフォトショって両方必要?
  • どちらか1つ選ぶならフォトショとイラレどちらがおすすめ?
  • フォトショとイラレを安く利用する裏技
ふくち
ふくち

フォトショとイラレの違いを正しく理解して必要なものを選びましょう!

▼目次から読みたいところへジャンプできます!▼

Photoshop(フォトショップ)とは?向いている仕事は?

画像引用元:Adobe公式

Photoshop(フォトショ)はラスターデータというビットマップ形式のデータ編集ソフトです。

簡単にいうと、写真の編集に適しているソフト。

写真を多く使用するデザインなど、写真データの補正や修正をする必要がある場合にはPhotoshopが向いています!

また、広告などにも使用される「装飾文字」の作成もイラレに比べて簡単なので、広告やバナー制作にも向いています。

Photoshopの特徴
  • 扱うデータの種類:ラスターデータ(ビットマップ)
    ドットの集合体でできた画像。写真など、色の多いデータに適している。
    拡大すると画像が粗くなる特性がある。
  • 向いているWebデザイン関連の仕事
    • 写真を使用したバナー制作
    • 写真を使用したヘッダー制作
    • デザインカンプの制作(HTMLやCSSでWebページを作成するための元デザイン)
ふくち
ふくち

ただし、デザインカンプは同じAdobeのXD(エックスディー)やFigma(フィグマ)の方がよく使用されています。

同じ図形をPhotoshopとIllustratorで作成して拡大した画像ですが、かなり違いますよね。

photoshop
Illustrator

後ほどIllustratorの説明でも触れますが、Photoshopが拡大すると荒くなるラスターデータというデータ形式なのに対し、Illustratorはベクターデータと呼ばれる拡大してもそのままの状態を保持できるデータ形式です。

Illustrator(イラストレーター)とは?向いている仕事は?

画像引用元:Adobe公式

Illustrator(イラレ)はベクターデータ形式のデータ編集ソフトです。

ロゴなど、さまざまなデータサイズで使用される画像や、Webで使用するイラストの制作などに向いています。

Illustratorの特徴
  • 扱うデータの種類:ベクターデータ
    点の位置を座標で計算し、その点と点を結んだ線で作ったデータ。
    拡大しても粗くならないのが特徴。
  • 向いているWebデザイン関連の仕事
    • ロゴ制作
    • アイコン制作
    • フォント制作
    • イラスト制作
    • 写真を使用しないバナー制作
    • 写真を使用しないヘッダー制作

IllustratorとPhotoshopは両方必要?

疑問を抱える女性のイラスト

2つはWebデザインに必須のツール!

とお伝えしましたが、そもそもどちらか1つではダメなのでしょうか?

結論、仕事を選べばどちらか1つのソフトでもOK。

ただ、対応できる仕事を増やしたい・長期的に腰を据えて取り組みたいのであれば両方購入することをおすすめします!

ふくち
ふくち

1度に両方の操作を覚えるのは難しいので、ある程度操作を覚えるまでは1つずつ勉強したほうが良いと思います。

やりたいお仕事にもよりますが、デザインメインで取り組むのであれば最初はPhotoshopから勉強するのがおすすめ!

デザイン初心者の登竜門である「バナー制作」では写真を扱うことが多いからです。

Photoshopの方が初心者でも取りやすい案件に適していると言えます。

\デザイン案件も豊富!登録無料/

ふくち
ふくち

わたしはストックイラストの制作も行いたかったのでイラレをメインに勉強していましたが、バナー制作をスタートしてからはフォトショが使えないと不便で不便で…

イラストなどのWeb向け画像をメインに取り組みたい場合はIllustratorが良いですね♪

フォトショとイラレを安く使う裏技

お札の上に女性が座っているイラスト

フォトショとイラレ、できればなるべく安く利用したいですよね。

わたしも毎月固定費でかかってくるサブスク料金に悩まされておりましたが、色々調べた結果安く利用する方法が見つかったのでお教えします!

フォトショとイラレを単品で利用するか、両方利用するかによっても変わるのでご自身の利用に合わせてコストカットしてくださいね!

ポイントはこちら

フォトショとイラレを最も安く利用する裏技
  • これから利用をスタートするなら7日間の無料体験を利用
  • イラレ・フォトショの単品使いならAmazonの商品がお得!
  • イラレ・フォトショを両方使うなら学割が超絶お得!

それぞれについてサクッと解説します!

より詳しく知りたい方はこちら記事をご覧ください▼

はじめての利用なら7日間の無料体験を!

これからフォトショやイラレを利用する場合は、まず「7日間の無料体験」を利用しましょう!

体験期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

Photoshopが利用できるプランは2つあり、うちフォトプランというものがお得なのでおすすめです。

Photoshop単体のプランとフォトプランの大きな違いは「Adobe Express」というデザインソフトと「Adobe Fresco」というiPadで使用するペイントソフトがあるかどうか。基本的にはフォトプランで十分です。

\まずは7日間無料体験/

フォトショ・イラレの単品使いならAmazonの商品がお得!

フォトショ(おすすめのフォトプラン)・イラレの単品はいずれもAmazonで12か月のサブスク商品を購入すると割安です。

ただし、それぞれ利用期間が下記の月数に満たない場合は損をしてしまいますので注意が必要です。
※2023年9月現在の料金に基づく計算のため、変わる可能性があります。

フォトプラン:10か月未満の場合は公式で月額のサブスクリプションを利用した方がお得

Illustrator:8か月未満の場合は公式で月額のサブスクリプションプランを利用した方がお得

それぞれの年間プラン・月々払いの金額、途中解約の違約金(残額の50%)とAmazon商品を比較した場合に何か月目からAmazonの方が安くなるか計算した結果

\10か月以上利用するならお得!/

\8か月以上利用するならお得!/

フォトショとイラレを両方使うなら学割が超絶お得!

フォトショとイラレを両方利用する場合、9か月以上の利用がかたいなら「学割」の利用がおすすめです!

ふくち
ふくち

社会人でも利用できるAdobeに認定されたスクールの講座を利用することで、月額でサブスクするよりもなんと「37,780円」もお得に利用できちゃうんです!

講座を利用すると言っても、特にノルマがあるわけではないので講座を受けるかどうかは自由。

特に初心者の方にとっては学びながら安い金額でソフトを利用できるので、利用しないと損です!

詳細についてはこちらでチェック(別窓で開きます)

該当は以下の3つのプラン!

\9月30日 18時までキャンペーン中39,980円!/

\いつでも39,980円!Adobe CCがすぐ使える/

\いつでも39,980円!実践的に学べる講座/

フォトショとイラレ 自分に合ったソフトをお得に使おう!

まとめ

フォトショとイラレの大きな違いはそのデータ形式にありました。

写真の編集や、写真を使用したデザインメインなら「Photoshop(フォトショ)」、イラストやグラフィックデザインがメインなら「Illustrator(イラレ)」が適しています!

利用するソフトが決まったらぜひお得に購入してたくさん利用しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました